過去の上映作品

プラネタリア TOKYOで
過去に上映された作品の情報をご覧いただけます。

多目的デジタルドームシアター

プラネタリウム作品

GOT7 LOVE LOOP in PLANETARIA TOKYO

GOT7 LOVE LOOP in PLANETARIA TOKYO

GOT7 LOVE LOOP in PLANETARIA TOKYO
韓国をはじめ、日本、そして今や世界で絶大な支持を集めるボーイズグループ“GOT7”とのコラボレーションが決定しました。
本作は、今年7月にリリースされるGOT7の4th Mini Album『LOVE LOOP』の楽曲イメージが、プラネタリウムと非常に親和性が高いことから実現したものです。
タイトル曲である「LOVE LOOP」はもちろん、同アルバム収録の新曲「#SUMMERVIBES」、ファンに人気の「I WON'T LET YOU GO」など作品全編に渡りGOT7の楽曲を起用します。

プラネタリウム ちびまる子ちゃん 
それでも地球はまわっている

プラネタリウム ちびまる子ちゃん それでも地球はまわっている

まる子たちと宇宙の事を学ぼう!
「地球は回っている?それに気づいたのはだれ?」と疑問に感じたまる子が、お馴染みのキャラクターたちとともに地球の不思議を探求する完全オリジナルのストーリー。

30年以上にわたり愛され続ける「ちびまる子ちゃん」の世界を、プラネタリウムのドーム全体に映し出します。
夏休みはお子様と一緒に、涼しいプラネタリウムで宇宙の事を学びませんか?

平原綾香 いのちの星の詩 SPECIAL EDITION

平原綾香 いのちの星の詩 SPECIAL EDITION

観客動員数4万人を記録した名作を更に美しく一新
2009年に姉妹館“満天”(池袋)で上映を開始し、わずか3ヶ月あまりで4万人を動員したプラネタリウムの名作を、テーマやストーリーは当時のままに高解像度にするほか、惑星の地表画像を最新の映像に差し替えるなど一新し、より美しく生まれ変わった最新版をお届け致します。
本作は、高解像度ドーム映像が楽しめる「多目的デジタルドームシアター(DOME1)」で上映します。

ノーマン・ザ・スノーマン
~北の国のオーロラ~

ノーマン・ザ・スノーマン~北の国のオーロラ~

人形が命を吹き込まれたように動く!
人形が命を吹き込まれたように動くストップモーションアニメーションをプラネタリウム作品にした、心温まるファンタジックな物語です。
冬の夜、少年が雪だるまのノーマンと一緒に、ノーマンの故郷へ旅するおはなし。オーロラや満天の星々がドームいっぱいに拡がり、観る人を満たしてくれます。
ノーマンの声は、人気声優の吉野裕行さんが担当します。

オーロラの調べ

オーロラの調べ

映像クリエイターKAGAYAが作り出す圧倒的な映像美
映像クリエイターKAGAYAが手掛ける本作は、誰もが憧れるオーロラを圧倒的な映像美で再現しています。
極北の大地で撮影した数多くの映像と共にオーロラ発生のメカニズムを解説します。ナレーションは篠原ともえさんが担当します。

その他の作品

LIVE in the COLORS -w/Piano session- - プラネタリア TOKYO

LIVE ACT PLANETARIA 1st. ACT “星にねがう夢”

極彩色のデジタル映像と生演奏を楽しむプラネタリウム
生演奏と美しいデジタルドーム映像の融合を楽しむプラネタリウム。
演奏を担当するのは本公演のためにピアノ、チェロ、コントラバス、アルトサックス奏者によって結成されたユニット“あめのした”。スピーカーやマイクといった音響機器を一切使用しない、完全アンプラグド環境の中で生演奏を行います。
映像制作はプロジェクションマッピングや、VR360度映像の制作に特化した少数精鋭のビジュアルデザインチーム“Studio HERE.”が担当します。
アンプラグドの生演奏と、最新鋭のドーム映像という一見相反する二つが融合し生まれる、新たな音楽体験です。

LIVE ACT PLANETARIA
1st. ACT “星にねがう夢”

LIVE ACT PLANETARIA 1st. ACT “星にねがう夢”

ライブパフォーマンスと一体になった「インタラクティブ星空生解説」
生解説のプラネタリウムといえば、解説員が季節の星々の見つけ方や、星座にまつわる神話を音声のみで説明することが一般的です。
「プラネタリア TOKYO」がこのたび提供する『LIVE ACT PLANETARIA』は、若いアクターが公演ごとに交代で主役を務め、演劇やライブパフォーマンスと星空生解説を融合させた、今までにないインタラクティブなプラネタリウム作品です。

ページトップへ戻る

“プラネタリア TOKYO”の楽しみ方