このページの本文へ移動します

Bar PLANETARIA ~The Moon~

タイトル

タイトル

上映期間

上映期間

上映期間

2021年5月28日(金)~

作品の特徴
月を見上げる世界の旅/月面から地球と星空を眺める/月光浴のような癒しのひととき/「白道」と星座たち/ワンドリンク付き
こんな人におすすめ
  • 癒されたい
  • 旅行が好き
  • 星空の下でお酒を楽しみたい
  • 大切な人と特別な時間を過ごしたい
  • SNS映えする撮影を楽しみたい

作品内容

星とお酒と会話、そして撮影も楽しめる、大人のためのプラネタリウム

毎週金曜の夜限定でプラネタリア TOKYOのDOME1では、カクテルや軽食と星空を楽しめるプラネタリウムバー「Bar PLANETARIA」をオープンしています。
“星空の名所”をテーマに、自然の風景とともに星空を投映し、まるでその場所にいるかのような旅情感を堪能できる作品です。ドーム内では、降るような星空や、美しい風景を背景に撮影することができます。 美しい星空と開放感のある風景の中、お酒を片手に会話を楽しめば、それはちょっとした旅先の夜。お仕事終わりや、ディナーの前など、星空の下でのひとときをお楽しみください。

月面で乾杯!金曜の夜は、月を巡る癒しの旅へ

新プログラム「Bar PLANETARIA ~The Moon~」のテーマは『月』。
作品内では、世界各地から見た月を巡り、月の通り道「白道」上にある数々の星座もご紹介します。
そして旅は月面へ!月から美しい地球と星空を見上げる、プラネタリウムでしか体験できない特別な夜をお楽しみいただけます。
月光浴のようにリラックスしたひとときをお過ごしいただくために、こだわりの音楽や食をお届けします。美しい月の光を浴びながらお酒を楽しむ、贅沢な癒しの時間をお過ごしください。

オンラインチケット購入が可能に

これまで当日券のみの販売だった「Bar PLANETARIA」ですが、多くのお客様からのご要望にお応えし、チケットのオンライン購入が可能になりました。

Bar PLANETARIAの楽しみ方

写真撮影OK!

きれいな星空が撮れます。

撮影した写真のコントラストを上げれば、人影も見えるようになりますよ。

飲み物片手に星空を楽しめます。

ロビーにあるcafe Planetariaで販売中のオリジナルドリンクで気分をUP!

ドーム全体を映像が包み込む!

まるでその場所にいるかのような感覚を味わえます。

星空はもちろんですが、旅するように、世界の風景も楽しめます。

「Bar PLANETARIA ~The Moon~」コラボレーションメニュー

Artemis(アルテミス)-月の女神-

月の女神をイメージした、爽やかなレモンを使用したハイボール。
キラキラと瞬いて、あなたを月へと誘います。
キリっとした飲み心地はどんなフードにもピッタリ。

☆ポイント☆
ビタミンCが豊富なレモン

¥880

Apollon(アポロン)-太陽の神-

ギリシャの神々も口にしたザクロのジュースを使用し、
口当たりの良いハイボールに仕上げました。
赤く燃え上がる太陽、アポロンの名にふさわしいドリンクです。

☆ポイント☆
ポリフェノールが豊富なザクロ

¥770

Demeter(デメテル)-大地の女神-

豊穣の女神でもあるデメテルの名にふさわしく、
果物をたっぷりと使用したノンアルコールカクテル。
パッションフルーツの甘酸っぱさがのど越し爽やかです。

☆ポイント☆
ベータカロテンが豊富なパッションフルーツ。

¥770

Pizza Moon (ピッツァムーン)

宇宙飛行士が降り立った月をイメージした軽食。
ほくほくのピザ味の月の上にはオリーブとチーズをトッピング。
お腹を満たして宇宙の旅へ!

¥440

アルテミスの弓

狩猟が得意な月の女神アルテミスと恋人オリオンの悲しい恋をモチーフに、アルテミスの弓をピスタチオの三日月で、オリオンへの愛をイチゴで表現した、甘く切ないチーズケーキ

¥880

Spica Nuts(スピカナッツ)

¥330

上映スケジュール・料金

星空ラウンジ(星空パスポート・他作品の当日券で鑑賞自由)

タイトル

タイトル

上映期間

上映期間

上映期間

2021年5月28日(金)~

作品内容

作品を見たら、次は星空ラウンジで♪ プラネタリア TOKYOをゆったり楽しもう

皆様にもっと星を楽しんでいただけるよう、プラネタリア TOKYOが生まれ変わります。自由にプラネタリウムをご鑑賞いただける「星空ラウンジ」の時間が、ラインナップに登場! プラネタリアで上映されている作品の当日券をお持ちの方は当日のみ、星空パスポートをお持ちの方は1年間何度でも、お好きなようにご利用いただけます(途中入退場可能)。

「星空ラウンジ」は昼と夕方に1時間ずつの上映です。星にまつわる美しい小品、スタッフによるライブトーク、その日の星空に音楽などをご覧いただけます。
毎日少しずつ違う内容を組み合わせたプログラムでご案内するため、来るたびに新しい魅力をお楽しみいただけます。

小声でのご歓談、カフェ、写真や動画の撮影も可能です。ゆったりと星につつまれながら、思い思いの時間をお楽しみください。

※1,500円の星空パスポートを購入すると、1年間いつでも「星空ラウンジ」に入場できます。小学生以下の同伴者は無料となります。大変お得ですので、ぜひご利用ください。

 

 

作品のご紹介

各回で以下のいくつかの作品が上演されます。年間を通じて新しい作品が追加されます。ご期待ください。

 

001:極夜、白夜とその終り
北極圏や南極圏では、季節によって、一日中太陽がのぼらない日(極夜)や沈まない日(白夜)があります。1/2日分の極夜、3日分の白夜、そして白夜最後の2日を鑑賞しながら、くりかえしのようで全てが一度しかない、わずかなずれが生む美しさを体験ください。

 

002:夜の地球儀
夜の地球が宇宙の中をゆっくりと回っている――。自転する地球のなかに入りこみ、満天の星を眺めているかのような体験ができる作品です。交錯する都市の光と星の光を眺めるうちに、天が動いていたと信じられていた過去や100万年後の未来へと旅をします。

 

003~050:バッハ平均律クラヴィーア曲集 第1巻 22.2ch remix(その日の星空と共に)
『平均律クラヴィーア曲集』はヨハン・セバスティアン・バッハが作曲した鍵盤楽器のための作品集。クラシックの最高傑作のひとつとみなされ、音楽の旧約聖書ともよばれています。1年半をかけてその第1巻全48曲(24の前奏曲とフーガ)を立体音響化し、公開をしていきます。
空間音響作家・宮木朝子が楽曲の一音一音を解釈し、バッハの意図を空間として再構築しようという壮大なプロジェクトです。24個のスピーカーが奏でる古典の新解釈。全曲がひとつの物語であるかのように、1年半をかけて完結するバッハの偉大な宇宙をお楽しみください。
その日の星空と共に上演をいたします。

 

  • 003/004:バッハ平均律クラヴィーア曲集 第1巻 第1番 前奏曲とフーガ ハ長調
    (その日の星空と共に)
  • 005/006:バッハ平均律クラヴィーア曲集 第1巻 第2番 前奏曲とフーガ ハ短調
    (その日の星空と共に)
  • 007以降は、2021年3月より順次公開をしていきます。

 

バッハ平均律クラヴィーア曲集 第1巻 22.2ch remixについての詳細はこちら

 

051:きょうの星空(スタッフによるライブトーク)※2021年4月より不定期開催。
その日の星空を、すこし変わった切り口で語ります。季節はもちろん、回によって変わる、星にまつわるこぼれ話をお楽しみください。

流れ星のランタン

タイトル

タイトル

作品内容

夜空を見上げて静かに瞬く星を見ていると、突如スーッと現れる一筋の光、流れ星。
「流れ星に願いごとを3回唱えると、願いがかなう」という言い伝えは、「神様が天の扉を開けて地上を覗く時に、その扉からもれる天界の光が流れ星となって見える」という説からきているとされており、そのコンマ数秒の儚い現象は、多くの人々の心をときめかせます。
本作品は、リアルタイム流星観測システム「Meteor Broadcaster」と連携して、流れ星を検知した瞬間に、みなさんからお預かりした願いをランタンとともに宙に放ちます。
あなたも願いを届けてみませんか?

制作

Bascule

 

メディア、イベント、アート、スポーツ、年中行事など、さまざまな領域の新しい体験づくりに挑む、東京と大阪に拠点をもつクリエイティブチーム。人々の日常の行動や自然現象に由来するリアルタイムデータを新たな体験価値に変換する「DATA-TAINMENT」に取り組んでいる。
カンヌライオンズや文化庁メディア芸術祭など、数百を超える国際的なクリエイティブ賞を受賞。

リアルタイム流星観測システム

Meteor Broadcaster

 

宇宙空間を漂う粒子が、秒速数十キロという猛スピードで大気に突入することで光を放つ天文現象、流れ星。電波を利用した流星電波観測では、小さくて視認できない流れ星や昼間に発生した流れ星も捉えることができます。
本作品のシステムは、全国各地の天文台や教育機関と協力して設置した流星電波観測局のデータを解析し、日本上空に出現した流れ星を24時間リアルタイムにお知らせします。