※VR作品のページです。プラネタリア TOKYOで鑑賞する場合はこちらのページをご確認ください。

流星たちの物語

配信期間
2020年8月20日(木)~

作品の特徴

ファンタジー/ラブストーリー/流れ星/CGアニメーション/宇宙&海の中/中島美嘉さんの楽曲

こんな人におすすめ

  • 流れ星に惹かれる
  • 宇宙や深海に興味がある
  • ご自宅で宇宙と海中遊泳気分を楽しみたい
  • 癒されたい
  • 家族で楽しみたい
  • デートで楽しみたい
  • 中島美嘉さんの音楽が好き
  • 収録時間は37分です。

●価格:880円(税込)

おうちで本格的にプラネタリウム作品鑑賞

DMM VR動画で配信

プラネタリウム“天空”で上映していた「流星たちの物語」をDMM VR動画で販売します。
本作はご自宅でもプラネタリウム気分を味わえるよう、高解像度・高フレームレート(60fps)で制作することにより迫力のあるシーンは動きも滑らかに、さらに音に関してはドームサラウンド立体音響をVR専用にバイノーラル立体音響にリミックスしVR視聴に最適化することでVRならではの圧倒的没入感を実現しました。
惑星を横切るシーンや海へ落ちる瞬間など、プラネタリウムならではの演出をスマートフォンやVRメガネで気軽に体験することができます。
そしてYouTubeでは、今回の「流星たちの物語」のVR版をご体感いただけるように冒頭6分間だけ無料公開しております。
この機会にご自宅で、本格的なプラネタリウム作品鑑賞をお楽しみください。

※本作は東京スカイツリータウン®にある、プラネタリウム“天空”(押上)で上映していた作品です。姉妹館のプラネタリア TOKYO(有楽町)では「流星たちの物語 Another ver.」を上映しております。

プラネタリウム“天空”

プラネタリア TOKYO

流星たちの物語 Another ver.

作品内容

人気俳優・高杉真宙さん、奈緒さんがメインキャストの声を担当!!

本作は離れ離れになってしまった二つの流星の“かけら”たちが運命に導かれ、長い年月の後に地球・深海で再会するファンタジック・ラブストーリー。CGアニメーションで描かれる壮大な宇宙空間や深海、そして海の生物たち。迫力あるドーム映像と感動的な音楽につつまれるプラネタリウム作品です。

双方の流星のかけらの声を人気俳優の高杉真宙さん、奈緒さんが担当します。

挿入歌・エンディング曲は中島美嘉さんが担当、
「アカデミー賞」受賞作の脚本家など多彩なクリエイターが集結

挿入歌・エンディング曲を担当するのは中島美嘉さん。儚く壮大な愛の物語に中島さんのヒット曲「FIND THE WAY」「流れ星」が華を添えます。

脚本はアニメーション『つみきのいえ』(加藤久仁生監督 2008年)が第81回米国アカデミー賞短編アニメーション賞を受賞し、映画『22年目の告白 –私が殺人犯です-』(藤原竜也/入江悠監督)などのヒット作を担当した平田研也さん。

さらに文化庁メディア芸術祭・アニメーション部門で優秀賞の受賞歴をもつ映像クリエイターの西郡勲さんが演出を担当。音楽はCHEMISTRYやSMAPなどのプロデュースや楽曲提供で知られる谷口尚久さんが担当しています。また、映画・CM・webムービー・VRなど様々な分野の映像を企画制作するROBOTが、映像制作を担当しています。

ストーリー

巨大な彗星に守られて宇宙を飛ぶ天体のかけらは、ある時、彼方からの「声」を聞く。それは昔、離れ離れになった誰か。あの人に会いたい。愛する人の声に導かれ、広大な宇宙に飛び出す。
目指すは水の星・地球。その人がいる「違う宇宙」とは?
たどり着き、飛び込んだのは地球の命が生まれた場所、海。目を奪う青の世界。そして、深海へ・・・。運命に導かれ、会いたい人のもとへ向かう、宇宙と深海を結ぶラブストーリー。

声の出演

高杉 真宙
(たかすぎ まひろ)

高杉 真宙(たかすぎ まひろ)

1996年生まれ。福岡県出身。2009年、舞台『エブリリトル シング'09』で俳優デビューし、10年『半次郎』(五十嵐匠監督)で映画初出演した。12年『カルテット!』(三村順一監督)で映画初主演。18年は『世界でいちばん長い写真』(草野翔吾監督)、『ギャングース』(入江悠監督)、『虹色デイズ』(飯塚健監督)の映画に主演、TVドラマ『モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―』、舞台「新感線☆RS『メタルマクベス』disc3」に出演。2019年1月に『十二人の死にたい子どもたち』(堤幸彦監督)、2月に『笑顔の向こうに』(榎本二郎監督)、5月に『映画 賭ケグルイ』(英勉監督)、9月に『見えない目撃者』(森淳一監督)、10月に『超・少年探偵団NEO-Beginning-』(芦塚慎太郎監督)が公開。現在は舞台『カリギュラ』に出演中。来年には主演映画『前田建設ファンタジー営業部』(英勉監督)、『糸』(瀬々敬久監督)が控えている。

奈緒
(なお)

奈緒(なお)

1995年2月10日生まれ。福岡県出身。2013年ドラマ『めんたいぴりり』で女優デビュー。
20歳で上京後、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』にヒロインの親友役に抜擢され、数々のドラマや映画に出演する。
またNTV『あなたの番です』ではサイコパス役を演じ、話題を集める。
10月からはKTV『まだ結婚できない男』、11月よりNHKBS時代劇『赤ひげ2』に出演。
映画では初主演映画『ハルカの陶』(11/30全国公開)、角川春樹監督『みをつくし料理帖』(来秋公開予定)に出演。

挿入歌・エンディング曲

中島 美嘉(なかしま みか)

中島 美嘉
(なかしま みか)

2001年デビュー。その類い稀なるビジュアルと歌声で一躍人気を博す。以降「雪の華」、「GLAMOROUS SKY」ほか数々の大ヒット曲を発表し、これまでに9度のNHK紅白歌合戦出場や数々の賞を受賞。その唯一無二の存在感と影響力で国内外の映画・ドラマ・ファッション分野でも活躍中。
近年は様々なジャンルのライブ活動を精力的に展開、圧巻のパフォーマンスで注目を集める。
また、アジア各国での単独公演を成功に収めるなど世界にも活躍の場を広げているほか初となるミュージカル出演で主演を務める。

演出

西郡 勲
(にしごおり いさお)

1975年生まれ。95'MTV station-IDコンテストグランプリ受賞をきっかけにMTV japan入社。P.I.C.S.を経てフリーランスへ。
2009年、(株)SMALTを設立。
CGを軸にCM、MVの他、特殊大型映像、プロジェクションマッピング、全天周映像(プラネタリウム)などの演出と自らCGを手掛ける。近年では映像を使ったコンサートの演出、映像を使った公園のイルミネーションのデザイン、ウォータースクリーンとボートを使った演出など四角い枠を超え、音楽と映像を駆使し大小様々な空間への演出を得意とする。

脚本

平田 研也
(ひらた けんや)

青山学院大学文学部仏文科卒業後、映像制作会社ROBOTに入社。TVドラマで脚本家デビュー。『Returner』(金城武/山崎貴監督 2002年)で初の劇場映画の脚本を手がけ、以降、映画・ドラマ・CM・ショートムービー・展示映像など、多岐にわたる分野の脚本を担当。脚本を手がけたアニメーション『つみきのいえ』(加藤久仁生監督 2008年)が第81回米国アカデミー賞短編アニメーション賞のオスカーを獲得して一躍話題となる。その他の作品に、映画『22年目の告白 –私が殺人犯です-』(藤原竜也/入江悠監督 2017年)、『小さな恋のうた』(佐野勇斗/橋本光二郎監督 2019年)、ドラマ『SAMURAI CODE』(佐藤浩市/羽住英一郎監督 2010年)、展示映像『上海万博 日本産業館』(2010年)、『肥前さが幕末維新博』(2018年)、CM『マルコメ 料亭の味』アニメーションCMシリーズ、などがある。

音楽

谷口 尚久
(たにぐち なおひさ)

13歳で音楽指導者資格を取得。自身のグループonoroff(オノロフ)にて、高橋幸宏プロデュースのアルバムを2作発表。現在はCHEMISTRY、SMAP、関ジャニ∞、中島美嘉、倖田來未、JUJUをはじめとするアーティストのプロデュース・楽曲提供・アレンジなども手がける他、TV番組、CM、ゲーム、映画やドラマの音楽にも携わる。2010年に個人名義でのインストアルバム「JCT」、2016年に「DOT」を発表。

料金

ページトップへ戻る

“プラネタリア TOKYO”の楽しみ方