このページの本文へ移動します

2021/6/17(THU).18(FRI) moumoon

夏至を前に、梅雨の晴れ間の空が広がった6月の夜。プラネタリウムを舞台に、音楽と星のきらめきを味わう『LIVE in the DARK』に集った観客たちの表情は明るかった。出演は3度目の登場となるmoumoon。昨年春から幾度の延期を経て、いよいよ再会できるのだ。

赤々と沈む夕日を見上げながら、moumoonの登場を待ちわびる。やがてBGMが止まると、ふたりがステージへ。ヴォーカル・YUKAと、ピアノ・真藤敬利。「LIVE in the DARK、ようやく実現しました。皆さんに、またこのプラネタリウムでお会いできてうれしい!」。熱い拍手に応えるように、思わずという様子で大きな声で語り出したYUKAの言葉には、歓びが満ちあふれている。一層盛り上がる拍手の中、流れ出すピアノのイントロダクション。ダンスのようにウィンドチャイムを鳴らし、YUKAが歌い出す。

1曲目「One Step」の高鳴る鼓動のようなリズムが、これからはじまる夜空の旅の幕開けを刻む。「昨日愛せなかったもの、今日抱きしめて 昨日よりずっと 凛とした君が見える」。そんなはじまりの歌に応えるように、2曲目「pride」が続く。「私はわたし」と祝福する歌声に聴き入るうちに夕陽は落ち、やがて一面の星空が広がった。

3曲目は「トモシビ」。掴みきれない「もの」を、灯火の光になぞらえたやさしい歌に寄り添いながら、星空は日周運動をはじめる。星々に合わせるように、テンポアップしていく音楽。あたたかな共感のこもった拍手のあとの4曲目は、少しもの憂げな「冷たい雨」。下周りでダイナミックに回転しながらきらめく星々が、まるで雨のように私たちに降りしきる。

「わたしは普段、思っていることを言葉にするのが下手だけど、こうして音楽にのせれば伝えられるんです」と呟いたYUKAの言葉が印象的だった。しんみりと音楽への思いを語ったあと、とびっきりの笑顔で「だからほんとうに嬉しい。お客さんがいて、聴いてくれるって最高ですね!」と彼女が声を大にしたとき、会場から湧きおこった拍手も胸を打った。

MCのあとは、5曲目の「金の砂漠、銀の星空」。静かなイントロから、物語がきらめくサビへ。弾むような音楽とともに、宇宙まで上昇しそうな天の川に吸い込まれ、私たちは異世界へと運ばれていく。

そして6曲目。名曲「ハレルヤ」の登場だ。SFのような世界観にふさわしく、YUKAの声に強さと、勇ましさがみなぎる。「ハレルヤ 白夜のトウキョウに 夢見よ、踊れよ」。祈るような歌声に共鳴するように、空にはフレアがオーロラのように浮遊し、やがてYUKAから発せられた光のように、私たちのもとに降り注ぐ。人間の声の強靭さと、爆発するようなエネルギーを感じる絶唱だった。

7曲目「Do you remember?」でも、YUKAは信じる力を力強く歌い上げる。空には色とりどりの光が瞬き、声と音楽に呼応する。8曲目は『LIVE in the DARK』でどうしても初披露したかったという新曲「未来よ、私を追いかけろ」まで、どんどん高まっていく彼女の気迫に感情が揺さぶられ、涙がこぼれるのを止められなかった。

そして9曲目は「うつくしい人」。この曲は、まるで解放の呪文だ。いつ聴いても染み入るが、すべての人がどこか息苦しさを感じる今だからこそ、新たに胸に響く言葉やフレーズがある。きっと、アーティスたちがこめる想いだって、そんなふうに日々変化するのだろう。世界を癒すように浮遊する7色の光に包まれ、そんなことを考えていた。

会場中を埋め尽くす満ち足りた気配のなかで、YUKAが再び感謝を語る。会場後方で見守っていたメンバー・MASAKIが紹介され、感動は最高潮に。少しずつ白んでいく空の下、この夜のラストとなる10曲目「愛は続くよどこまでも」がスタートした。「さあ 踏み出そう 夜明けがもう 近いよ」という力強いメッセージを、噛みしめるようなフィナーレ。8月の終わりに再びスタートする次回公演の告知に盛り上がったところで、1年4ヵ月越しのmoumoonの『LIVE in the DARK』は終演を迎えた。

“やわらかい月”という名を冠したmoumoonの『LIVE in the DARK』は、毎回新しい驚きと、その名前に反した強さを私たちに与えてくれる。YUKAの歌声が象徴する唯一無二の、圧倒的なパフォーマンスは言うまでもないが、それ以上に音楽の可能性、音楽家の強さに胸を打たれるのである。音楽家にとって、歌う場所を奪われたこの1年がどんなにつらい出来事だったのかは、想像に難くない。それでも、彼らは「たしかなものがひとつだけ この愛は続くよどこまでも」と歌う。これが希望でなくなんだろう。

夏の終わりも、来年もまた、あの場所でmoumoonに会えるようにと祈ってやまない。

■ライター・高野麻衣

2021/3/19(FRI) 笹川美和

2021年3月。春分の日を前に桜の開花が報じられた東京で、実に1年ぶりのLIVE in the DARKが開催された。その記念すべき夜を任されたのは、圧倒的な歌唱力で季節の移ろいや心のゆらめきを歌い上げるシンガーソングライター、笹川美和。LIVE in the DARKを愛してやまない彼女の音楽世界に再会できる喜びが、会場のコニカミノルタプラネタリウム“天空”に満ちていた。

足を踏み入れると、ドームには懐かしい夕空。まるで故郷に帰ってきたような安心感に包まれる。しばらくしてBGMが止むとサポートメンバーの登場だ。ピアノの佐合庸太郎、ヴァイオリンの根本理恵、そしてベースの渡邉紘によるトリオ。チューニングの音が心地よく響く中、黒いドレス姿の笹川が現れ、ステージ中央に腰かける。「拍手はいちばん最後までとっておいて、ぜひ星の世界を堪能してください」。穏やかな口調に歓びがあふれる挨拶に、暖かな拍手が沸き起こった。

一瞬の静寂のあと、ピアノの前奏とともにスタートしたのは、1曲目「泣いたって」。笹川の声に弦の音が絡みあい、一瞬で世界観に引き込まれた。2曲目は「霧」。人を愛することの複雑な感情を夜霧に託す、エキゾティックな旋律がたゆたう中、空の色は濃さを増し、やがて星が瞬きはじめる。曲の終わりで、会場は暗闇に包まれた。ひさしぶりに体感したLIVE in the DARK――音楽と星空の見事な融合に、序盤から涙がこぼれた。

3曲目の「星の船」は、どこか懐かしいゆったりとした楽曲。「季節が変わった 今、変わった」と歌う声に合わせ、星空もまた、ゆっくりと日周し季節の移り変わりを表現していく。4曲目の名曲「流れ星」では星空がダイナミックに緯度変化する。「愛とは無限の流れ星」。心に残るフレーズが、一瞬の流星のように、体を満たしていった。

少しポップなイントロが流れると、5曲目「紫陽花」の世界へ。ドームには大きな月が現れ、一面の紫陽花が月光に照らされ輝いている。5月の雨を想う曲が終わると、笹川のMCで「今夜のセットリストは1年前の6月、梅雨/初夏をイメージして作りました」と解説が。緊急事態宣言による延期で季節はずれたが、いいセットリストができたので、そのまま届けたかったという。

「次は、少し雰囲気を変えて」という言葉とともに演奏されたのは、日本が誇る昭和歌謡のスタンダードナンバー「黄昏のビギン」。「雨に濡れてた 黄昏の街」ではじまる中村八大の洒脱な名曲に、笹川の声は驚くほど似合う。ピアノと弦の音もしっとりと寄り添い、緯度変化していく星空とあいまって、酔いしれるような時間だった。

続く7曲目は「無情」。「あたしを求めてくれるのならば あたしはあげるはあなたに」と歌い上げる激しい曲に合わせるように、星空には火の粉が舞い上がり、やがて深紅の花びらへと変化していく。8曲目の「琥珀色の涙」を挟み、9曲目は「蝉時雨」。穏やかな歌いだしとともに、星空から滑り落ちるように水たまりから空を見上げるような視点に変化する。ドームには光を透かした水面が広がり、やがて上昇していく。忘れられないのは、終盤のサビを笹川がアカペラで歌い上げる瞬間、一瞬だけ広がった満天の星。圧倒的な幻想体験だった。

「これだからやめられないんですよね、LIVE in the DARKは!」という感嘆からはじまった2回目のMCに、会場は熱い賛同の拍手に包まれた。「目の前にみなさんがいるといないとではこんなにも違う」という笹川の言葉は、裏を返せば聴き手の思いでもあっただろう。生の音楽だからこそ、この星空がこんなにも染み入るのだと。

今回のLIVE in the DARKのため、笹川とメンバーが作った新曲「アルタイル」が始まると、ドームにはわし座を中心に夏の星空につつまれる。2度目のサビではこと座やはくちょう座、さそり座などの星座絵が浮かび上がり、「いつも 今も 心に広がっている」という歌詞とリンクしていく。そして11曲目の「光とは」。ゆっくりと歩みだすような音楽に合わせて、空は明るくなっていく。最後の挨拶で笹川が「ラストはこの曲に決めている」と語った12曲目「高鳴り」とともに、会場は希望の夜明けを迎えた。

終盤、星々が音の粒になって、体に染みわたっていくような感覚に震える場面もあった。緊張にこわばっていた身体がほぐれ、ああ、これを欲していたんだなと実感した。3度目となった笹川のLIVE in the DARKは、「これだからやめられない」という彼女の言葉そのままの経験だったと思う。星々や月と同じように音楽は私たちを癒し、目に見えずとも、いつもそばで支えてくれる。「アルタイル」に続く四季折々の星空と音楽を、これからも、何度でも味わいたい。

■高野麻衣(音楽ライター)