真夜中のプラネタリウム
-Midnight Planetarium Live-

出演:土岐麻子 meets Schroeder-Headz

真夜中のプラネタリウム-Midnight Planetarium Live-
配信期間
2020年12月23日(水)22:30~
2020年12月26日(土)22:30まで

※視聴券購入前に本WEBサイトに記載されている注意事項を必ずご確認ください。

※視聴券は2020年12月26日(土)20:00まで購入可能です。配信期間中は何度でもご視聴いただけます。

『真夜中のプラネタリウム‐Midnight Planetarium Live‐』とは

プライムタイムを彩るプラネタリウムからの音楽配信ライブ。
トップミュージシャンの演奏と共に、プラネタリウムに投映される美しい星空と、迫力あるデジタル映像を融合させ、『真夜中のプラネタリウム』でしか実現できない演出をお届けします。 映像制作は数多くのライブ演出を手掛ける、ビジュアルデザインスタジオ“HERE.”が担当。

お休み前のひとときに、お気に入りのソファーやベッドで良質な音楽と星空に癒される、非日常の配信ライブをお楽しみください。

土岐麻子 meets Schroeder-Headzが贈る、特別な配信ライブ

土岐麻子 meets Schroeder-Headzが贈る、特別な配信ライブ

唯一無二のボーカルとその表現力で、業界内外より絶大な支持を集める“クイーン・オブ・シティ・ポップ”土岐麻子。美しいメロディと有機的なグルーヴでピアノ・トリオの未来形とも言えるサウンドを紡ぎ出す、Schroeder-Headz(渡辺シュンスケ)。

クリスマスを目前に控えた12月23日(水)22時30分より、この2組のコラボレーションによるプラネタリウムからの配信ライブを開催します。本公演は約7年ぶりの『土岐麻子 meets Schroeder-Headz』名義での出演となり、全編を通じ渡辺シュンスケ(Pf)、玉木正太郎(Ba)、鈴木浩之(Dr)が演奏を務めます。

土岐麻子 /Schroeder-Headzの楽曲の中からクリスマスに相応しい名曲をセレクトし、特別なセットリストを披露する予定です。今年のクリスマスの夜はゆっくりとご自宅で配信ライブを楽しんでみてはいかがでしょうか。

※LIVEパフォーマンスは事前収録となります。

アーティストからのコメントが到着!

久々のトキシュロ、そして初めてのプラネタリウムライブ。とても楽しみです。
いろんなことがあった2020年の最後に、少しホッとできるような公演になればと思っています。ご自宅で美味しいものを飲んだりくつろいでいらっしゃる皆さんの姿を想像しながら歌うつもりです。(土岐麻子)

土岐さんとの久しぶりのコラボレーション。
普段とは違う全天プラネタリウムの贅沢な映像空間に身を委ねながら、バンドや土岐さんの素敵な声がいったいどんな風に響き渡るのか、今からとても楽しみです。ぜひぜひ、ご覧ください。(Schroeder-Headz / 渡辺シュンスケ)

イベント概要

出演

土岐麻子/ Schroeder-Headz(渡辺シュンスケ(Pf)/玉木正太郎(Ba)/鈴木浩之(Dr))

配信日時/期間

2020年12月23日(水)22:30~2020年12月26日(土)22:30まで
※約60分程度の公演時間を予定しています。
※期間中は何度でも視聴が可能です。

視聴券販売期間

2020年12月3日(木)12:00~2020年12月26日(土)20:00まで
※配信開始後も視聴券の購入が可能となっており、上記の配信期間のみ視聴が可能です。
※配信日2日前(12月20日(日)AM00:00)以降はクレジットカード決済のみでの販売となります。

料金

視聴券:¥3,500(税込)

配信メディア

e+(イープラス)「Streaming+」
※e+(イープラス)のアカウントをお持ちでないお客さまは会員登録が必要となります(入会金・年会費は必要ありません)
※Streaming+の詳細/使用方法は以下のURLから確認いただけます。視聴券購入前に必ずご確認ください。
https://eplus.jp/streamingplus-userguide/

注意事項(必ずお読みください)

イベントに関する注意事項

  • 本イベントの内容の録音/録画、並びにその模様をインターネット/SNS等に掲載する行為は固くお断りいたします。
  • 本イベントはプラネタリウム施設から「星空」と「音楽」をお楽しみいただく映像配信イベントです。星空をきれいに投映するため、一部アーティストの姿が見えづらいシーンがございます。
  • 会場や近隣施設でのアーティストの出待ちは近隣施設への迷惑になるとともに、新型コロナウイルスのクラスターの発生の原因にもなりますので固くお断りいたします。
  • オークションサイト、金券ショップ、個人間での売買で購入された視聴券(ID/PW含む)は、その有効性を一切保障いたしません。また営利目的での転売は、いかなる場合でも固くお断りいたします。
  • ご購入されたチケットは、配信に際しての技術的なトラブルを省き、お客様都合の取替・変更・キャンセルはお受けできません。
  • 視聴券購入時、チケット代の他にシステム利用料等、各種手数料が必要となります。e+(イープラス)申込み画面にてご確認ください。
  • やむを得ない事由により配信を中止する場合はこのWEBサイト/SNS各種にてお知らせいたします。

ご視聴に関する注意事項

  • 配信開始時間は都合により多少変動する場合がございますので、予めご了承ください。
  • 毎月第1、第3木曜日AM2時~8時は、システムメンテンナンスのためアーカイヴ視聴をご利用いただけませんので、予めご了承ください。
  • スマートフォン、タブレット:iOS 11.0以降(Safari最新バージョン)/Android OS 5.0以降(Google Chrome最新バージョン))/パソコン:Windows 10以上/ MacOS 10.9以上(最新バージョンのGoogle Chrome、Safari、MS Edge、Firefox)のいずれかを視聴の際に必ずご用意ください。また、端末やソフトウェアの故障や損傷がないことも確認してください。推奨環境以外は一切のサポートを致しかねます
  • ご入金確認後メールで視聴URLをお知らせします(またはe+(イープラス)申込状況照会より「QRチケット表示」を押す)ので、購入時のイープラスID/PWでログインをしてください。
  • 動画視聴には高速で安定したインターネット回線が必要です。圏外や電波が弱い場所ではないか、パケット残容量はあるかを必ず事前に確認してください。共有WiFiを使っている場合は、使用していない端末のWiFiをOFFにする、ルーターとの間に障害となる者を置かないなど工夫してください。また、人混みやコンクリートで囲まれた場所は避けてください。お客様の通信状況により視聴できない場合でも、一切の責任を負いません。
  • ログインID/PWは、お客様の責任において厳重に管理し、他人には絶対に教えないでください。お客様の個人情報を他人に知られるだけでなく、クレジットカードの不正利用、悪質サイトへの誘導、ウイルス感染等の被害に繋がる恐れがあります。
  • Streaming+の詳細/使用方法は以下のURLから確認いただけます。視聴券購入前に必ずご確認ください。
https://eplus.jp/streamingplus-userguide/

出演

土岐麻子

土岐麻子

1976年東京生まれ/歌手
Cymbals のリードボーカルとしてデビュー。2004年の解散後、ソロ始動。本人出演/歌唱が話題となったユニクロCMソング『How Beautiful』や、資生堂「エリクシール シュペリエル」CMソング、『Gift ~あなたはマドンナ~』などをリリース。CM音楽や、他作品へのゲスト参加、ナレーション、TV・ラジオ番組のナビゲーターを務めるなど、“声のスペシャリスト”。
また、様々なアーティストへの詞提供や、エッセイやコラム執筆など文筆家としても活躍中。
最新アルバムは「PASSION BLUE」。最新曲は、TVアニメ「フルーツバスケット」2nd season 第2クールのオープニング主題歌、デジタルシングル「HOME」。
【Website:https://www.tokiasako.com/

Schroeder-Headz

Schroeder-Headz

数多くの著名ミュージシャンのサポート・キーボーディストとして活躍する、渡辺シュンスケによるポスト・ジャズ・プロジェクト。
ピアノ、ベース、ドラムスによるアコースティック・トリオ・サウンドとプログラミングを融合させ、美しいメロディと有機的なグルーヴが印象的なピアノ・トリオの未来形とも言えるサウンドを紡ぎ出す。
その名前の由来はアメリカのアニメ"PEANUTS"(日本名:スヌーピー)に登場するトイ・ピアノを弾くシュローダー君に依り、クラシック、ジャズ、ダンス・ミュージック、エレクトロなどに影響を受けたリリカルな男子の脳内イメージを表現している。2019年12月にアルバム『ゲスト・スイート』をリリース。
Website:http://schroeder-headz.com/

「視聴券」購入はこちら

「視聴券」購入はこちら

※視聴券購入前に本WEBサイトに記載されている注意事項を必ずご確認ください。

※視聴券は2020年12月26日(土)20:00まで購入可能です。配信期間中は何度でもご視聴いただけます。

ページトップへ戻る

“プラネタリア TOKYO”の楽しみ方