流れ星のランタン

流れ星のランタン

作品内容

夜空を見上げて静かに瞬く星を見ていると、突如スーッと現れる一筋の光、流れ星。
「流れ星に願いごとを3回唱えると、願いがかなう」という言い伝えは、「神様が天の扉を開けて地上を覗く時に、その扉からもれる天界の光が流れ星となって見える」という説からきているとされており、そのコンマ数秒の儚い現象は、多くの人々の心をときめかせます。
本作品は、リアルタイム流星観測システム「Meteor Broadcaster」と連携して、流れ星を検知した瞬間に、みなさんからお預かりした願いをランタンとともに宙に放ちます。
あなたも願いを届けてみませんか?

画面イメージ

画面イメージ

制作

Bascule

メディア、イベント、アート、スポーツ、年中行事など、さまざまな領域の新しい体験づくりに挑む、東京と大阪に拠点をもつクリエイティブチーム。人々の日常の行動や自然現象に由来するリアルタイムデータを新たな体験価値に変換する「DATA-TAINMENT」に取り組んでいる。
カンヌライオンズや文化庁メディア芸術祭など、数百を超える国際的なクリエイティブ賞を受賞。

リアルタイム流星観測システム

Meteor Broadcaster

宇宙空間を漂う粒子が、秒速数十キロという猛スピードで大気に突入することで光を放つ天文現象、流れ星。電波を利用した流星電波観測では、小さくて視認できない流れ星や昼間に発生した流れ星も捉えることができます。
本作品のシステムは、全国各地の天文台や教育機関と協力して設置した流星電波観測局のデータを解析し、日本上空に出現した流れ星を24時間リアルタイムにお知らせします。

ページトップへ戻る

cafe Planetaria