朗読型生解説プラネタリウム
“きみと見た星の物語”冬のダイアモンド

DOME1 DOME1
朗読型生解説プラネタリウム“きみと見た星の物語”冬のダイアモンド
上映期間
2019年12月21日(土)~
毎週土曜、日曜、祝日に上演。
上映回
13:20の回、16:40の回

作品の特徴

「プラネタリウム×朗読」で楽しむ星の物語
今夜の星空が分かるようになる
注目の若手俳優による朗読
ここでしか観れないオリジナルの物語
星空の下で飲食を楽しめる
大切な思い出を振り返る

こんな人におすすめ

  • 季節の星の見方を知りたい
  • 星座の話を聞きたい
  • 最新のプラネタリウムエンタテイメントを体験したい
  • 舞台や朗読劇、プラネタリウムの生解説など、ライブな演出が好き
  • 家族で星の話をしたい
  • ギリシャ神話についてよく知らない
  • 上映所要時間は約60分です。

※オンライン購入は、12月7日(土)午前0時より開始いたします。

※オンライン購入ページでは作品一覧が表示されます。ご希望の作品をお選びください。

※毎日、午前0時にオンライン購入可能な日(14日先)が一日ずつ追加されます。

公演内容

朗読を交えた生解説による新感覚のプラネタリウム作品

プラネタリウムといえば一般的に解説員が季節の星々や星座にまつわる神話などを生解説するもの、というイメージを持つ人も多いはずです。

本作はそのプラネタリウムの原点とも言える“生解説”に朗読の要素を取り入れ、“物語”を聴きながら星空と解説を楽しむ、新感覚のライブ・プラネタリウム作品です。

毎公演、注目の若手俳優が2人生出演するため、その日その場で生まれるキャスト同士のライブならではの掛け合いも見どころの一つです。また、文化庁芸術祭賞をはじめ数々の受賞歴のある実力派の劇団『音楽座ミュージカル』が演出をサポート。星空の生解説と朗読による想像力の世界をお楽しみください。

  • 本作が上映されるDOME1は飲食可能なプラネタリウムです。施設内に併設された「cafe Planetaria」で販売されているドリンクやフードと共にお楽しみください。

星空を通じ、想い出と再び出逢う一時間

初めてプラネタリウムを訪れたのはいつですか?
子供の頃に親と一緒に、初めての恋人を連れて、親になり子供に星空を見せたくて…。

本作ではプラネタリウムを訪れる機会が多い3つのライフステージをたどりながら、季節の星の見つけ方、星座にまつわる神話などをじっくり紹介します。
上演が行われる「プラネタリア TOKYO DOME1」はドームスクリーンだけでなく、壁面にも星や映像が投映できるデジタルドームシアター。満天の星々が客席をつつみ込みます。
生解説という“プラネタリウムらしさ”と朗読の要素やデジタルシアターという“新しさ”が融合した、新感覚の星空体験をお楽しみください。

出演者

石田 直也
(いしだ なおや)

玉元 風海人
(たまもと ふみと)

中村 慈
(なかむら めぐみ)

宮西 紗矢
(みやにし さや)

我妻 もえこ
(わがつま もえこ)

料金

シート 種別 料金
一般シート 大人
(中学生以上)
2,000円/人
子ども
(4歳以上)
1,200円/人
  • 当日券は、チケットカウンターにて初回上映時間の30分前からご購入いただけます。
  • 混雑によりご希望のお時間にご入館いただけない場合がございます。
  • 上映時間・作品内容は、変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • 上映途中の入退場は、お断りしております。
  • 4歳未満のお子様で席が必要な場合はチケットが必要となります。

詳細は料金案内をご覧ください

チケット購入サイトはこちら

※オンライン購入は、12月7日(土)午前0時より開始いたします。

※オンライン購入ページでは作品一覧が表示されます。ご希望の作品をお選びください。

※毎日、午前0時にオンライン購入可能な日(14日先)が一日ずつ追加されます。

ページトップへ戻る

“プラネタリア TOKYO”の楽しみ方