銀河鉄道の夜

DOME1 DOME1

©KAGAYA studio

上映期間
2019年9月2日(月)~

作品の特徴

伝説的名作/全天周CG映像/原作を忠実に再現/星座解説/KAGAYA

こんな人におすすめ

  • 綺麗な世界に浸りたい
  • ファンタジーが好き
  • タイトルは知っている
  • 有名どころは抑えておきたい
  • 上映所要時間は約45分です。

※オンライン購入ページでは作品一覧が表示されます。ご希望の作品をお選びください。

※毎日、午前0時にオンライン購入可能な日(14日先)が一日ずつ追加されます。

作品内容

さあ、ほしめぐりの旅にでかけよう

映像クリエイターKAGAYAがプラネタリウムドームをキャンバスにして描く壮大なデジタルアート作品です。

国内をはじめ欧米・アジアといった累計100館を超えるプラネタリウムで上映され、観客動員数100万人突破という金字塔を打ち立て現在も動員記録を更新中。
ビジュアル化困難といわれた「銀河鉄道の夜」の幻想世界を徹底考察し鮮明に再現した本作品は、ドームいっぱい360度に広がる銀河のパノラマ風景が天空の汽車に乗車したかのような夢の体験をさせてくれます。

原作:宮沢賢治
音楽:加賀谷玲
朗読:桑島法子
ナレーション:大場真人

  • 本作は、リバイバル上映です。
  • 本作は、全編デジタル映像作品です。

【同時上映】時間や季節で変わる細谷佳正の星空案内

細谷佳正

「プラネタリア TOKYO」オリジナルの四季に合わせた星空案内です。
3月2日(月)からは、【春】の星座や星を紹介します。

上映概要

2019年12月12日(木)~2020年3月1日(土) 星空案内【冬】(約10分)
2020年3月2日(月)~ 星空案内【春】(約10分)
  • 季節によって、星座案内の内容が変更になります。

詳細はこちら

CG・脚本

KAGAYA(カガヤ)

KAGAYA(カガヤ)

宇宙と神話の世界を描くアーティスト。プラネタリウム作品「銀河鉄道の夜」が全国で上映され観覧者数100万人を超える大ヒット。一方で星景写真家としても人気を博し、写真集「星月夜への招待」等を刊行。写真を投稿発表するTwitterのフォロワーは約70万人。
天文普及とアーティストとしての功績をたたえられ、小惑星11949番はkagayayutaka(カガヤユタカ)と命名されています。

公式サイト:http://www.kagayastudio.com

作品関連情報

プラネタリア TOKYO(有楽町)では、KAGAYA作品「オーロラの調べ」上映!

プラネタリア TOKYO(有楽町)の作品詳細はこちら

“満天”(池袋)でも、「銀河鉄道の夜」上映!

“満天”(池袋)の作品詳細はこちら

料金

シート 種別 料金
一般シート 大人
(中学生以上)
1,600円/人
子ども
(4歳以上)
1,000円/人
  • 障がい者手帳提示による割引を含むすべての割引は、オンラインで購入いただけません。
    チケットカウンターにて14日前よりご購入いただけます。
  • 当日券は、チケットカウンターにて10時30分からご購入いただけます。
  • 混雑によりご希望のお時間にご入場いただけない場合がございます。
  • 上映時間・作品内容は、変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • 上映途中の入退場は、お断りしております。
  • 4歳未満のお子様で席が必要な場合はチケットが必要となります。

詳細は料金案内をご覧ください

チケット購入サイトはこちら チケット購入サイトはこちら

※オンライン購入ページでは作品一覧が表示されます。ご希望の作品をお選びください。

※毎日、午前0時にオンライン購入可能な日(14日先)が一日ずつ追加されます。

ページトップへ戻る

“プラネタリア TOKYO”の楽しみ方