このページの本文へ移動します
アイコン(トップボタン)
プラネタリウム >

タイトル

タイトル

©KAGAYA studio

上映期間

上映期間

2021年5月28日(金)~

上映期間

2021年5月28日(金)~

作品の特徴
世界の星空/心地よい水中/土星や彗星のCG/虹と月虹/イルカ
こんな人におすすめ
  • 旅に出たい
  • 素敵な声に癒されたい
  • 日常に疲れてしまった方
  • 自然と宇宙を楽しみたい
  • イルカと一緒に泳ぎたい
Other Languages
  • Not available.

作品内容

作品紹介

世界各地で撮影した星空タイムラプス映像と、心地よい水中映像が広がります。 地球は生命あふれる海をもった特別な惑星。太陽系に存在する氷の天体(土星のリングや衛星エンセラダス、彗星)を、迫力ある CGで体験しながら、水の惑星地球を見つめ直す旅がはじまります。
撮影地はニューカレドニア、タヒチ、御蔵島、パラオ、スラウェシ島、ジープ島、オーストラル諸島他。
プラネタリウムから世界の星空を巡る旅へとでかけてみませんか。

撮影・脚本・CG

KAGAYA

宇宙と神話の世界を描くアーティスト。プラネタリウム番組「銀河鉄道の夜」が全国で上映され観覧者数100万人を超える大ヒット。一方で星景写真家としても人気を博し、ベスト版写真集『Starry Nights—The Best of the Best』等を刊行。写真を投稿発表するTwitterのフォロワーは約85万人。
天文普及とアーティストとしての功績をたたえられ、小惑星11949番はkagayayutaka(カガヤユタカ)と命名されている。
花巻イーハトーブ大使。

ナレーション
安元洋貴

安元洋貴(ヤスモト ヒロキ)

山口県出身。厚みのある声で、ナレーション、アニメ、吹き替え、ラジオパーソナリティ等、幅広く活躍。主な出演作は、アニメ『BLEACH』(茶渡泰虎)、『弱虫ペダル』(金城真護)、『鬼灯の冷徹』(鬼灯)、『アクアマン』(アクアマン)役、ナレーションでは『クローズアップ現代』など。

音楽

manamik/清田愛未(マナミク/キヨタ マナミ)

作編曲家・ヴォーカル。2003年、シンガーソングライターとしてデビュー。
『Final Fantasy song book まほろば(UNIVERSAL)』、NHKみんなのうた『千の花千の空(avex)』などに起用される。作編曲家としてアニメ、舞台、プラネタリウム、ゲームでは「Xenoblade」などの制作に携わる。

公式サイト:http://www.manamikiyota.com

上映スケジュール・料金

このページをシェアする