このページの本文へ移動します

LIVE in the DARK -CLASSIC- Moonlight music by L. V. Beethoven

タイトル

タイトル

上映期間

上映期間

2021年5月28日(金)~

上映期間

2021年5月28日(金)~

作品の特徴
クラシックの生演奏とプラネタリウム/ベートーヴェンの音楽/星々が輝く暗闇での演奏会/ピアノ、チェロ、コントラバス、アルトサックスによるカルテット/大人の贅沢
こんな人におすすめ
  • クラシック音楽が好き
  • 演奏会によく足を運ぶ
  • ベートーヴェンの音楽が好き
  • 非日常を体感したい
  • 癒されたい
  • 心地よくて特別な時間をすごした

【LIVE in the DARK -CLASSIC-】とは

通常のコンサートとは異なり、プラネタリウムが映し出す満天の星々の下で、プロの奏者による生演奏を「目と耳」で楽しむ特別なクラシック演奏会です。
星々が輝く暗闇の中で耳を澄ませてみると、今までにはない音楽の楽しみ方に出逢えるはずです。星と暗闇と音楽、そして意識の境界が曖昧になるような、非日常の音楽体験をお楽しみください。

作品内容

月夜に煌めく、ベートーヴェンの美しい「ピアノソナタ」

本公演で演奏するのは「ウィーン古典派」を代表するピアニスト/作曲家ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの名曲たち。
特に人気の高い「ピアノソナタ」より、第14番「月光」・第8番「悲愴」を中心に、誰もが一度は耳にしたことがある「エリーゼのために」などの曲目を、プラネタリウムが映し出す美しい星空と、艶やかに輝く“月の光”の下、心ゆくまでご堪能ください。

本作ならではのベートーヴェンの音楽を

本公演ではピアノを中心としたチェロ、コントラバス、アルトサックスによる特別な編成で演奏を行います。

原曲に忠実ながらも各楽器の音色も活かし、クラシックファンの方にはもちろん、クラシック初心者の方も楽しめる楽曲構成になっています。
本公演ならではのベートーヴェン名曲の数々を、ぜひ。

音楽

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン

即興と表情豊かな音楽で知られるドイツ出身の作曲家、ピアニスト。自らの個性を存分に発揮した作品を数多く残し、その品は古典派音楽の集大成かつロマン派音楽の先駆けとされ後世の音楽家たちに多大な影響を与えた。(1862年-1918年)
※正式表記 ドイツ語: Ludwig van Beethoven

編曲

佐合庸太郎(さごうようたろう)

武蔵野音楽大学卒業。同学客員教授コンスタンティンガネフ、准教授磯村叙子に師事。クラシック音楽を学ぶ。第78回読売新人演奏会出演。並行して在学中よりビックバンドに参加し独学でjazz、作曲を学び、そのままプロ活動を開始。現在はシンガー、アーティストのサポート、ツアーへの参加、各種メディア、レコーディングなどで活動中。また、自身の作編曲した楽曲、楽譜などの出版提供も多数。クラシックを基盤に弦楽カルテットを入れた独自の音楽も創作する。

演奏

あめのした

渡邉紘STRINGS主要メンバーにより編成されるピアノカルテット。
Pf.佐合庸太郎、A.Sax.初鹿野雄大、Vc.大岩直季、Cb.渡邉紘という一見して特殊に見える編成は、ピアノを中心に中低域を厚くすることによりメロディーとアンサンブルのバランスを高次元で取り、プラネタリウムという特殊な環境においても電気的な音響装置に頼る事無く豊かで多彩なアンサンブルを実現する。

【オフィシャルサイト】https://www.watanabe-kostrings.com/amenoshita

上映スケジュール・料金

LIVE in the DARK -CLASSIC- Nocturne music by F.Chopin

タイトル

タイトル

上映期間

上映期間

上映期間

2021年5月28日(金)~

作品の特徴
クラシックの生演奏とプラネタリウム/フレデリックショパンの名曲を弦楽四重奏で/星々が輝く暗闇での演奏会/非日常のひととき/大人の贅沢
こんな人におすすめ
  • クラシック音楽が好き
  • 演奏会によく足を運ぶ
  • ショパンが好き
  • 非日常を体感したい
  • 癒されたい
  • 心地よくて特別な時間をすごした

作品内容

プラネタリウムで体感する、ショパンが遺した夜想曲(ノクターン)

本公演で演奏するのは「ピアノの詩人」と称され、ロマン派を代表するピアニスト/作曲家フレデリック・ショパンの名曲たち。

ショパンが遺したピアノの旋律は、今もなお色褪せることなく私たちの心を惹きつけています。

和名・夜想曲として有名な「ノクターン第2番(Nocturne Op.9-2)」をはじめ、「別れの曲(Etude Op.10-3)」「雨だれ(Prelude Op.28-15)」など、美しく幻想的なセットリストをプラネタリウムが映し出すリアルな星々と共に、心ゆくまでお楽しみください。

ショパンの至極の名曲を弦楽四重奏で

本公演ではピアノ曲であるショパンの原曲に忠実ながらも、弦楽四重奏による新たなアプローチで演奏します。2本のヴァイオリン、ヴィオラ、コントラバスを起用した特別な編成(※)による四重奏は、ピアノが持つ低音から高音の帯域と音圧を再現しつつも、各楽器がそれぞれ主旋律を執ることで、ピアノ演奏とはまた違った味わいがあります。

 

編曲はピアニストとして活躍する佐合庸太郎が担当。演奏は渡邉紘STRINGSよりKokonQuartetが担当します。クラシックファンの方にはショパンの新たな魅力を提案すると共に、クラシック初心者の方にも、特別な知識がなくても楽しめる楽曲構成になっています。本公演でしか体感できない特別なショパンを、ぜひ。

※弦楽四重奏(カルテット)は通常、2本のヴァイオリン、ヴィオラ、チェロの編成を指します。

音楽

フレデリック・ショパン

ピアノ音楽に比類ない境地を開いたポーランド出身の作曲家、ピアニスト。主要な作品のほとんどがピアノ曲で、その個性的で斬新な書法はリリシズムを基調に、雄々しさ、気品、メランコリーなど多彩な性格をあわせもち、「ピアノの詩人」とたたえられ、世界的に親しまれている。(1862年-1918年)
※正式表記:ポーランド語:Fryderyk Franciszek Chopin/フランス語:Frédéric François Chopin

編曲

佐合庸太郎(さごうようたろう)

岐阜県出身。ピアニスト。作編曲家。武蔵野音楽大学ピアノ科卒業。幼少の頃より渡辺節子、音大在学中は磯村叙子、コンスタンティンガネフに師事。並行してビッグバンドに参加し独学でJAZZを学び、そのままプロ活動を開始。現在は自身の所属するRe:Wonder7th Orchestraをはじめ、作編曲、レコーディング、アーティストサポートを中心に活動中。有楽町にあるコニカミノルタプラネタリアTOKYOの『LIVE in the DARK -CLASSIC-』でも、“あめのした”のメンバーとしてピアノ演奏を担当。また、自身の編曲した楽譜の出版提供も多数。

演奏

KokonQuartet(ココンカルテット)

渡邉紘STRINGS主要メンバーにより構成される、2本のヴァイオリン、ヴィオラ、コントラバスによる弦楽四重奏。絵本の読み聞かせとともに演奏をする『音物語』を主催し好評を博す。
本来、弦楽四重奏の低音域はチェロによって構成されるが、本カルテットはチェロよりもさらに低い音域を持つコントラバスを起用し、より深い世界観の表現に取り組んでいる。
Kokonはドイツ語で繭を、日本語で古今を表している。
【オフィシャルサイト】https://www.watanabe-kostrings.com/kokon-quartet

上映スケジュール・料金