このページの本文へ移動します

LIVE in the DARK -CLASSIC- Nocturne music by F.Chopin

プラネタリウム

LIVE in the DARK -CLASSIC- Nocturne music by F.Chopin

ジャンルについて

上映期間

上映期間

上映期間

2021年5月28日(金)~

作品の特徴
クラシックの生演奏とプラネタリウム/フレデリックショパンの名曲を弦楽四重奏で/星々が輝く暗闇での演奏会/非日常のひととき/大人の贅沢
こんな人におすすめ
  • クラシック音楽が好き
  • 演奏会によく足を運ぶ
  • ショパンが好き
  • 非日常を体感したい
  • 癒されたい
  • 心地よくて特別な時間をすごした

作品内容

プラネタリウムで体感する、ショパンが遺した夜想曲(ノクターン)

本公演で演奏するのは「ピアノの詩人」と称され、ロマン派を代表するピアニスト/作曲家フレデリック・ショパンの名曲たち。

ショパンが遺したピアノの旋律は、今もなお色褪せることなく私たちの心を惹きつけています。

和名・夜想曲として有名な「ノクターン第2番(Nocturne Op.9-2)」をはじめ、「別れの曲(Etude Op.10-3)」「雨だれ(Prelude Op.28-15)」など、美しく幻想的なセットリストをプラネタリウムが映し出すリアルな星々と共に、心ゆくまでお楽しみください。

ショパンの至極の名曲を弦楽四重奏で

本公演ではピアノ曲であるショパンの原曲に忠実ながらも、弦楽四重奏による新たなアプローチで演奏します。2本のヴァイオリン、ヴィオラ、コントラバスを起用した特別な編成(※)による四重奏は、ピアノが持つ低音から高音の帯域と音圧を再現しつつも、各楽器がそれぞれ主旋律を執ることで、ピアノ演奏とはまた違った味わいがあります。

 

編曲はピアニストとして活躍する佐合庸太郎が担当。演奏は渡邉紘STRINGSよりKokonQuartetが担当します。クラシックファンの方にはショパンの新たな魅力を提案すると共に、クラシック初心者の方にも、特別な知識がなくても楽しめる楽曲構成になっています。本公演でしか体感できない特別なショパンを、ぜひ。

※弦楽四重奏(カルテット)は通常、2本のヴァイオリン、ヴィオラ、チェロの編成を指します。

音楽

フレデリック・ショパン

ピアノ音楽に比類ない境地を開いたポーランド出身の作曲家、ピアニスト。主要な作品のほとんどがピアノ曲で、その個性的で斬新な書法はリリシズムを基調に、雄々しさ、気品、メランコリーなど多彩な性格をあわせもち、「ピアノの詩人」とたたえられ、世界的に親しまれている。(1862年-1918年)
※正式表記:ポーランド語:Fryderyk Franciszek Chopin/フランス語:Frédéric François Chopin

編曲

佐合庸太郎(さごうようたろう)

岐阜県出身。ピアニスト。作編曲家。武蔵野音楽大学ピアノ科卒業。幼少の頃より渡辺節子、音大在学中は磯村叙子、コンスタンティンガネフに師事。並行してビッグバンドに参加し独学でJAZZを学び、そのままプロ活動を開始。現在は自身の所属するRe:Wonder7th Orchestraをはじめ、作編曲、レコーディング、アーティストサポートを中心に活動中。有楽町にあるコニカミノルタプラネタリアTOKYOの『LIVE in the DARK -CLASSIC-』でも、“あめのした”のメンバーとしてピアノ演奏を担当。また、自身の編曲した楽譜の出版提供も多数。

演奏

KokonQuartet(ココンカルテット)

渡邉紘STRINGS主要メンバーにより構成される、2本のヴァイオリン、ヴィオラ、コントラバスによる弦楽四重奏。絵本の読み聞かせとともに演奏をする『音物語』を主催し好評を博す。
本来、弦楽四重奏の低音域はチェロによって構成されるが、本カルテットはチェロよりもさらに低い音域を持つコントラバスを起用し、より深い世界観の表現に取り組んでいる。
Kokonはドイツ語で繭を、日本語で古今を表している。
【オフィシャルサイト】https://www.watanabe-kostrings.com/kokon-quartet

上映スケジュール・料金

LIVE in the DARK -CLASSIC- Clair de Lune music by C.Debussy & E.Satie

プラネタリウム

LIVE in the DARK -CLASSIC-

ジャンルについて

上映期間

上映期間

上映期間

2021年5月28日(金)~

作品の特徴
クラシックの生演奏とプラネタリウム/ドビュッシー、サティ、フォーレの音楽/1890年代のフランスの星空/星々が輝く暗闇での演奏会/ピアノ、チェロ、コントラバス、アルトサックスによるカルテット/大人の贅沢
こんな人におすすめ
  • クラシック音楽が好き
  • 演奏会によく足を運ぶ
  • フランス印象派の音楽が好き(ドビュッシー、サティ等)
  • 非日常を体感したい
  • 癒されたい
  • 心地よくて特別な時間をすごした

作品内容

ドビュッシーやサティの音楽を、彼らが暮らしたフランスの星空とともに

本公演で演奏する楽曲は1860年代~1900年代にフランスで生まれたクラシックの名曲たち。
フランス音楽界の印象派の中で最も大きな影響力を持ったクロード・ドビュッシーと、クラシック音楽界の異端児とされながらも、現代音楽に大きな影響を与えたエリック・サティの音楽に焦点をあてます。

また本公演は通常のクラシックコンサートとは異なり、プラネタリウムが映し出す満天の星々の下で、生演奏を鑑賞するというもの。ドビュッシーやサティが暮らした当時のフランスの星空を再現し、プラネタリウムでしか味わえない“目と耳で楽しむ”クラシック演奏会をご体感ください。

名曲「月の光」や「ジムノペディ」をピアノカルテットで

クラシックの定番曲として、誰もが知るドビュッシーの「月の光(ベルガマスク組曲・第3曲)」や「夢(夢想)」。浮遊感のある不思議な旋律で今なお多くの人々に愛されるサティの「ジムノペディ第1番」や「グノシェンヌ第1番」といった、私たちに馴染み深いクラシックの名曲を演奏します。

本公演では、ピアノを中心としたチェロ、コントラバス、アルトサックスによるピアノカルテットで演奏を行います。編曲はピアニスト・佐合庸太郎が担当し、原曲に忠実ながらも各楽器の音色も活かした、クラシックファンも楽しめる内容になっています。

音楽

クロード・ドビュッシー
(Claude Achille Debussy)

【1862年-1918年】
クラシック音楽史の中では印象派に分類され、同時期に活躍したモーリス・ラヴェルらと共にフランス音楽界を牽引し、19世紀後半から20世紀初頭にかけて最も影響力を持った作曲家。
ドビュッシーの音楽は長調・短調にとらわれず多種多様な旋律を駆使していることが特徴として挙げられます。それは感情表現を主とするロマン派音楽に対して、自然的な印象を“直観的”に音で形象化するための技法だったと言われています。
代表曲『月の光(ベルガマスク組曲・第3曲)』は、聴く人が心の中に青白く優しく光る月の光を想い描くことが容易にでき、この圧倒的な実写性は今もなお数多くの人に受け入れられています。
1905年にフランスで出版された『海(管弦楽のための3つの交響的素描)』の初版のオーケストラスコアの表紙デザインには、ドビュッシー自身の希望により葛飾北斎の『冨嶽三十六景・神奈川沖浪裏』が用いられるなど、ジャポニズムへの傾倒も顕著にみられ、仏像やたばこ入れといった日本美術を収集していたことでも有名です。

エリック・サティ
(Érik Alfred Leslie Satie)

【1866年-1925】 儚く憂いをまといながらも美しい、そんな不思議な旋律。クラシック音楽の世界では異端児と称されながらも、現代音楽に大きな影響を与えた印象派を代表するフランスの作曲家、エリック・サティ。
300年近く続いていたクラシック音楽の「調性音楽(対位法や和声進行)」のルールやそれまでの固定観念にとらわれず、教会旋法を持ち込むことで自由な音楽を生み出して行きます。
これにより、サティは気分や雰囲気の表現に比重を置き、音の響きの美しさを追求していきます。この発想はクロード・ドビュッシー、モーリス・ラヴェルをはじめ印象派の作曲家たちにも大きな影響を与えました。
さらに、当時音楽はコンサート会場で鑑賞するもの、という当たり前の様式にも疑問を持ち、1920年に『家具の音楽』という作品を発表します。部屋の家具のように、生活の中で無意識に聴くことが出来るような音楽(いわゆるBGM)を目指して作られた本作のコンセプトは、のちに現代音楽家のジョン・ケージやブライアン・イーノなどの作曲家達に影響を与え、ミニマル・ミュージック、アンビエント・ミュージックというジャンルを生み出したと言われています。

編曲

佐合庸太郎(さごうようたろう)

武蔵野音楽大学卒業。同学客員教授コンスタンティンガネフ、准教授磯村叙子に師事。クラシック音楽を学ぶ。第78回読売新人演奏会出演。並行して在学中よりビックバンドに参加し独学でjazz、作曲を学び、そのままプロ活動を開始。現在はシンガー、アーティストのサポート、ツアーへの参加、各種メディア、レコーディングなどで活動中。また、自身の作編曲した楽曲、楽譜などの出版提供も多数。クラシックを基盤に弦楽カルテットを入れた独自の音楽も創作する。

演奏

あめのした

渡邉紘STRINGS主要メンバーにより編成されるピアノカルテット。
Pf.佐合庸太郎、A.Sax.初鹿野雄大、Vc.大岩直季、Cb.渡邉紘という一見して特殊に見える編成は、ピアノを中心に中低域を厚くすることによりメロディーとアンサンブルのバランスを高次元で取り、プラネタリウムという特殊な環境においても電気的な音響装置に頼る事無く豊かで多彩なアンサンブルを実現する。
本作「LIVE in the DARK -CLASSIC-」のテーマは、メンバーがそれぞれ多くの時間を費やしてきたクラシック音楽。練り上げられた技巧が調和し、星空とフランス印象派の響きで満たされるプラネタリウム演奏会を提供する。
【オフィシャルサイト】https://www.watanabe-kostrings.com/amenoshita

上映スケジュール・料金