コニカミノルタプラネタリア TOKYO

バッハ平均律クラヴィーア曲集 第1巻 22.2ch remix

『平均律クラヴィーア曲集』はヨハン・セバスティアン・バッハが作曲した鍵盤楽器のための作品集。クラシックの最高傑作のひとつとみなされ、音楽の旧約聖書ともよばれています。1年半をかけてその第1巻全48曲(24の前奏曲とフーガ)を立体音響化し、公開をしていきます。
空間音響作家・宮木朝子が楽曲の一音一音を解釈し、バッハの意図を空間として再構築しようという壮大なプロジェクトです。24個のスピーカーが奏でる古典の新解釈。全曲がひとつの物語であるかのように、1年半をかけて完結するバッハの偉大な宇宙をお楽しみください。
その日の星空と共に上演をいたします。

22.2ch remix化:宮木朝子(みやきあさこ)

作曲家、空間音響作家。
ソロアルバム『Virtual Resonance』は「磨き上げた鮮烈な響きの音像(CDジャーナル)」「雅楽とエレクトロニカ、現代音楽が交差する宇宙レベルのアンビエント(Beams Records)」と評される。近作に5.1ch サラウンド音響作品〈Afterimage〉(「坂本龍一|設置音楽展コンテスト」最優秀賞)、〈Echolalia II -for audiovisual〉(共作・映像:小阪淳 / Société des arts technologiques [SAT] Experimental Art Films for“le Foyer”Satosphere 受賞)など。

有識者からのメッセージ

photo:Akio

星々は音・音楽を奏でています。ふつう、ひとには耳にすることができません。
視覚をとおして星の軌跡をたどってくれるとともに、星々の音楽をきかせてくれる場が、プラネタリウムです。
作曲家・宮木朝子さんは、耳にとらえられない波動を、音に、音楽に、翻訳してくれます。
バッハの数と精神=星辰とを結びつけた作品を、最新の立体音響を介して、古代のひとびとが抱いてきた星々と音楽のつながりへのおもいと、「いま」のひとたちが抱いている宇宙の感覚との結びつきを、体感させてくれるのです。

小沼純一(音楽・文芸批評/早稲田大学教授)

2017年に坂本龍一氏、NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]とともに行った「設置音楽展 コンテスト」は、マルチチャンネルの音楽作品を募集するというかなりハードルの高いコンテストでしたが、クオリティの高い作品が多く集まり主催者一同驚くほどでした。
中でも最優秀賞に選ばれた宮木朝子氏の「Afterimage」は空間表現が素晴らしく、今でも記憶に残っています。今回、22.2chという最高のイマーシブ環境を得た彼女が、果たしてバッハをどう再構築し、どんな空間へと連れて行ってくれるのか、今から体験するのが楽しみでなりません。

國崎晋(RITTOR BASEディレクター)

22.2ch音響システムの開発途上からその芸術表現性を試行していただいた宮木朝子さんによるバッハ平均律クラヴィーア曲集の22.2ch立体音響作品化は私たちへの願ってもない贈り物です。

濱﨑公男(音響オーディオ技術サイエンティスト・ARTSRIDGE LLC代表)

一人で、星空と対峙したことってある?
やってみようよ!
天からのメッセージ(天文)に耳を澄ませてごらん、ほら(笑)。

縣秀彦(国際天文学連合・国際普及室長)

降りそそぐ星々が地上で無数のホロスコープを形成するように、J.S.バッハは宇宙にさざめく音の微粒子を人が知覚できる有機体へと構築しました。奏者も聴き手も、多様なバッハの作品すべてから自然や宇宙との一体感を得るのです。
星の光とバッハの音楽は共に、遠い彼方の世界から現れた過去と未来をつなぐ無限の波動です。プラネタリアの澄み渡った映像と宮木朝子さんの立体音響は “響きあう星々”と“音の輝き”の根源へと誘ってくれるでしょう。

鈴木大介(ギタリスト)

立体音響によって編まれた本作(「バッハ平均律クラヴィーア曲集 第1巻 22.2ch remix」)の音たちは、わたしたちの前を、後ろを、軽やかに通りすぎていく。その音たちはわたしたちの身体に輪郭を与え、包みこむ。
こうして星空のもと聴く立体音響は、わたしたちが今この瞬間、たしかに、この世界の中に存在していることに、改めて気づきを与えるのである。

加藤杏奈(インディペンデントキュレーター)

スタッフ

音響エンジニアリング 漢那拓也

鑑賞方法

本作は、毎日13:05と17:05より1時間ずつ上映している『星空ラウンジ』内でご鑑賞いただけます。

プラネタリア TOKYOで上映されている作品の当日券をお持ちの方、星空パスポートをお持ちの方および小学生以下の同伴者は、自由にご鑑賞いただけます。年間を通じて追加される新曲を楽しみたい方は、星空パスポートをご購入いただくとお得です。

星空ラウンジの詳細はこちら

星空パスポートの詳細はこちら

ページトップへ戻る

“プラネタリア TOKYO”の楽しみ方