施設紹介・料金一覧

有楽町の星空で逢いましょう。
80年の時を越えて、
2018年12月19日(水)、有楽町にプラネタリウムが復活します。

多目的デジタルドームシアター

最大8Kの高解像度ドーム映像が楽しめる「多目的デジタルドームシアター(DOME1)」です。全天周映像作品の上映だけではなく、映像とコラボレーションした音楽ライブ、インタラクティブコンテンツ、その他各種パフォーマンスなどの実施を予定しており、プラネタリウムという枠組みに捕らわれない、新たなドーム映像体験を提供します。

DOME1の最大の特徴は、床からドーム天頂にかけて、部屋全体を包み込むように映像を投映し、今までにない没入感で高解像度ドーム映像を体験できることです。また、座席の配置パターンを変化させることで、パフォーマンス用に広いスペースを確保したり、お客様がスタンディングで参加することも可能になります。

プラネタリウムドームシアター

世界有数のプラネタリウム機器メーカーでもあるコニカミノルタが、限りなくリアルで美しい星空を提供するプラネタリウムドームシアターです。 満天の星々はもちろん、臨場感や没入感が高いデジタルドーム映像、そして最新の立体音響システム「SOUND DOME®」による音の移動を体感する作品など、星空を中心とした様々な作品を上映します。

オープニング記念作品は「DREAMS COME TRUE」とのコラボ作品を上映するなど、星空の新しい楽しみ方を提供いたします。

SOUND DOME®(サウンド・ドーム)

まるで音が生きている-。
プラネタリウムドームの裏側に何台ものスピーカーを配置。前後左右に加え上下や回転といった、きめ細かな音像移動を表現します。
風の音、波の音、そして街の喧騒をも忠実に再現し、プラネタリウムの中で、まるでその場所に居るような「リアルな体験」を提供します。

  • 『SOUND DOME』はコニカミノルタプラネタリウム株式会社の商標です。

VRアトラクション

  • 写真は内装イメージです。

ダイバーシティ東京 プラザで人気の体験型VRアトラクション「VirtuaLink」。宇宙空間などのバーチャル空間を、複数人で共有することができるこのVRアトラクションがプラネタリア TOKYOにもオープンします。
参加者の動きで映像が変化するインタラクティブ性によってストーリーが展開するコンテンツなど、コニカミノルタが運営するVR施設ならではの体験を提供します。

その他の施設・設備

後日お知らせいたします。

料金一覧

後日お知らせいたします。

障がい者割引

後日お知らせいたします。

ページトップへ戻る