PLANETARIA TOKYO

2018.12 GRAND OPENING

SKIP

ABOUT PLANETARIA TOKYO

プラネタリアTOKYOとは

1938年、東京初のプラネタリウム「東日天文館(とうにちてんもんかん)」が開設されたのは有楽町でした。その後、東京大空襲で焼失するまでの6年半の間、「東日天文館」は東京の人々に星空の魅力を伝えていました。
2018年12月、80年の時を越えて「コニカミノルタプラネタリア TOKYO」によって、有楽町に美しい星空が復活します。

『宙(そら)と大切なことに出逢う』を施設コンセプトに、星や宇宙の映像をはじめ、音楽映像やライブ鑑賞など、新たなプラネタリウム体験を提供します。

FACILITY INFORMATION

施設案内

多目的デジタルドームシアター

DOME 1 DOME 1

最大8Kの高解像度ドーム映像が楽しめる「多目的デジタルドームシアター(DOME1)」です。
全天周映像作品の上映だけではなく、映像とコラボレーションした音楽ライブ、インタラクティブコンテンツ、その他各種パフォーマンスなどの実施を予定しており、プラネタリウムという枠組みに捕らわれない、新たなドーム映像体験を提供します。

DOME1の最大の特徴は、床からドーム天頂にかけて、部屋全体を包み込むように映像を投映し、今までにない没入感で高解像度ドーム映像を体験できることです。また、座席の配置パターンを変化させることで、パフォーマンス用に広いスペースを確保したり、お客様がスタンディングで参加することも可能になります。

プラネタリウム ドームシアター

DOME 2 DOME 2

世界有数のプラネタリウム機器メーカーでもあるコニカミノルタが、限りなくリアルで美しい星空を提供するプラネタリウムドームシアターです。
満天の星々はもちろん、臨場感や没入感が高いデジタルドーム映像、そして最新の立体音響システム「SOUND DOME®」による音の移動を体感する作品など、星空を中心とした様々な作品を上映します。

オープニング記念作品は「DREAMS COME TRUE」とのコラボレーションが決定。星空の新しい楽しみ方を提供いたします。

VR アトラクション

VirtuaLink VirtuaLink

ダイバーシティ東京 プラザで人気の体験型VRアトラクション「VirtuaLink」。
宇宙空間をテーマにしたバーチャル空間を、複数人で共有することができるこのVRアトラクションがプラネタリア TOKYOにもオープンします。

参加者の動きで映像が変化するインタラクティブ性によってストーリーが展開するコンテンツなど、コニカミノルタが運営するVR施設ならではの体験を提供します。

 

ACCESS

アクセス

◆ 所在地
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2 丁目5-1
有楽町マリオン 9・10 階
◆ 最寄駅からの経路
JR 山手線「有楽町駅」 中央口・銀座口より徒歩3 分
東京メトロ有楽町線「有楽町駅」 D7 出口より徒歩3 分
東京メトロ銀座線・日比谷線・丸ノ内線「銀座駅」C4 出口より徒歩1 分
東京メトロ日比谷線・千代田線・都営地下鉄三田線「日比谷駅」A0 出口から直結

報道関係者の方へ

2018.08.09

オープニング記念作品 DREAMS COME TRUE とのコラボが決定! 2018年12月中旬上映開始
(1,041kb)

2018.07.31

イメージビジュアルと施設ロゴマークを発表
(1,059kb)

2018.03.22

日本初のツインドームを備えた「コニカミノルタプラネタリア TOKYO」〜2018年度冬 有楽町マリオンに開設~
(353kb)

SHARE