南極ヒーリング
~この地球(ほし)の果てで~

上映期間
2018年5月23日(水) ~ 2019年3月11日(月)

作品の特徴

  • 星空・星座
  • 迫力の映像
  • サイエンス
  • ファンタジー
  • 癒し
  • プログラムの性質上、小学校就学前のお子様の入場はお断りしています。
  • 上映所要時間は約45分です。

English audio guide available

※毎日、午前0時にオンライン購入可能な日(14日先)が一日ずつ追加されます。

作品内容

澄みわたる夜空、この地球の果ての光景

地球で一番寒い場所、南極。
厳しく過酷な気象条件が人類を遠ざけてきた氷の大陸には、生まれたままの地球がそのまま残っています。
360度見渡す限り氷に覆われた大地。天空で織り成す光のハーモニー、オーロラ。そして、夜には日本では限られた場所からしか見ることのできない、南十字星をはじめとした宝石のように美しい星々が広がります。
南極の神秘をイメージしたオリジナルアロマが香り、現実を忘れ、私たちを特別な世界へと誘うヒーリングプラネタリウム作品です。

“南極の香り“で現実を忘れ、特別な世界へ

本作は二種類のアロマを愉しむことができるヒーリングプラネタリウムです。一つは「南極の凛とした透明感」をジンジャー、マージョラム、ライムのブレンドで表現した、ほのかに甘い香り。もう一つは「南極の湖底に眠る森」をイメージし、スズランに、モミなどの針葉樹の葉の香りをブレンドした爽やかな香り。いずれも本作のためのオリジナルブレンドのアロマ。二つの香りがプラネタリウムを安らぎの空間に演出します。

  • 本作は、リバイバル上映です。

ナレーション

多部未華子(たべ みかこ)

1989年1月25日生まれ、東京都出身。血液型O型。
2002年女優デビュー。05年に映画「HINOKIO」「青空のゆくえ」が公開され、この2作でブルーリボン賞新人賞を受賞し、一躍注目の的となる。09年にはNHK連続テレビ小説『つばさ』のヒロインを好演した。
15年度第25回日本映画批評家大賞、第25回日本映画プロフェッショナル大賞ともに主演女優賞、17年度には第8回コンフィデンスアワード・ドラマ賞の主演女優賞を受賞。
ドラマ、映画、舞台など活躍の幅を広げている。

撮影・監修協力

田邊優貴子(たなべ ゆきこ)

1978年、青森市生まれ。小学生の頃、テレビで偶然目にした極北の地に憧れを抱く。大学4年の時、真冬のアラスカ・ブルックス山脈麓のエスキモーの村で過ごし、その思いは揺るがぬものとなる。
バックパッカーとして世界を旅したが、人間が暮らしているのと同じ地球上とは思えない圧倒的な自然と、そこに暮らす生き物の姿に魅せられ、極地をフィールドにした生態学者となる。研究のかたわら、地球やそこに息づく生命の素晴らしさを伝えるべく講演や執筆活動を行っている。これまで南極に5回、北極に4回野外調査に赴いた。
ナショナルジオグラフィックWeb版にて「南極の凍った湖に潜って原始地球の生態系を追う」連載。
著書に「すてきな 地球の果て」(ポプラ社)、「北極と南極 -生まれたての地球に息づく生命たち-」(文一総合出版)。

料金案内

ヒーリングプラネタリウム作品※2

シート 種別 料金
芝シート 一律
(小学生以上2名様まで)
3,900円/シート※1
雲シート 一律
(小学生以上2名様まで)
4,200円/シート※1
一般シート 一律
(小学生~大人)
1,700円/人
  • 1 『芝/雲シート』について

    ・1シートの料金に大人2名様分の鑑賞料金を含んでいます。
    (1名様でご利用の場合でも1シートの料金となります。)

    ・定員は、小学生以上2名様となります。

    ・小学校就学前のお子様は2名様まで定員に含まずご利用いただけます。
    (但し、ヒーリングプラネタリウム作品は小学校就学前のお子様の入場をお断りしています。)

    ・靴を脱いでご鑑賞ください。

  • 2 ヒーリングプラネタリウム作品について

    ・小学生~大人まで、一律料金となります。

    ・小学校就学前のお子様の入場をお断りしています。

  • 当日券は、ワールドインポートマートビル屋上にある、“満天”チケットカウンターにて初回上映時間の1時間前からご購入いただけます。
  • 混雑によりご希望のお時間にご入館いただけない場合がございます。
  • 上映時間・作品内容は、変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • 上映途中の入退場は、お断りしております。

詳細は料金案内をご覧ください

ページトップへ戻る

スタリウムNavi